美容のためにも

目にできるクマが原因で老けて見られることもあります。ですから、美容の一環としても目のクマを改善することは必須といえるでしょう。人の皮膚は薄いので正しいケア方法を取り入れて美容に気を使いましょう。

皮膚の薄さランキング

no.1

顔の皮膚

人の皮膚の中でも最も薄い場所は顔です。顔の厚みは約1.5ミリ~2ミリといわれています。その中で目元の皮膚が特に薄いとされておりデリケートな場所となっているのです。他にもデコや頬の皮膚も薄いです。

no.2

頭部の皮膚

頭部の皮膚は顔と違い厚みがあるのが特徴的です。その厚みは平均で2.3ミリ~2.4ミリといわれています。他の部位よりも少々厚みがあるといっても、やはり薄いことには変わりないのでかきむしるという行為は避けましょう。

no.3

足の裏

足の裏といえば皮膚が厚いという印象を持っている人もいるでしょう。まったくその印象通りで、足の裏の厚みは2ミリ~3ミリと厚めです。数字に出すとあまり大差がないようにかんじますが、足の裏の角質層は約70層もあり、この角質層は顔の皮膚の約10倍はあります。

目のクマ解消

スキンケア

美容液で保湿する

肌は薄いのでかきむしるとだけでも簡単に傷ついてしまいます。特に顔は傷つきやすいのでかゆみという症状を起こさせないようにすることが肝心です。
肌が乾燥するとかゆみが生じるので、この乾燥を防がなければいけません。この乾燥を防ぐためには美容液で保湿するのが一番です。ビーグレンを利用すれば保湿だけでなくその他、目の下のたるみや目のクマなども改善することができるでしょう。

目の周辺

目の周辺は特に皮膚が薄いとされている場所です。そのため、内部の血液も透けて見えやすくなっています。そのため、クマという症状も現れやすいのです。目のクマはジルスチュアートのコスメで隠しつつ、アイクリームで改善を図るという方法で対応できます。
しかし、場合によっては病気が原因でクマという症状が現れていることもあるので、治りが遅いと思った場合は病院へ行きチェックしてもらいましょう。

クマの種類は大きく分けて3つある

黒グマ

黒いクマが起きる原因には皮膚のたるみや筋肉のゆるみが挙げられます。この黒グマは皮膚がたるんでいることが多いので他のクマと比べるとメイクで隠しにくいという特徴があります。

茶グマ

茶グマはシミのようなもので、この茶グマができる原因には紫外線が絡んでいることが多いです。色素沈着するとクマになりやすいので、気をつけましょう。黒グマと違いメイクで隠しやすい部類なのでそのへんは安心です。

青グマ

ストレスや疲れ目、睡眠不足に疲労という様々な問題によって現れるクマが青グマです。この青い部分は主に血液であることが多いとされています。改善方法にはマッサージが有効です。

広告募集中